B型肝炎になったら

B型肝炎の場合、当たり前の生活をしていれば、それほど恐ろしい病気ではなく、気を付けていれば感染することもほとんどありません。しかし万が一、ご家族の中にこうした肝炎ウイルスに感染してしまった場合、速やかに専門医のもとで適切な治療を行えば、さほど怖がる病気ではないのです。

女の子B型肝炎のおもな症状として、肝臓障害特有の白目の部分や皮膚に黄疸がみられたり、発熱や食欲不振、全身に倦怠感などが現れます。血液検査などにみられる数値としては、ASTやALTなどの値が異常に高い場合や黄疸などがみられる場合で、速やかに専門医のもとで処置を施す必要があります。

このB型肝炎の場合は、急性のものと慢性のものとがあり、急性肝炎の場合は適切な治療を行うことによって、短期間で治すことができます。この肝炎ウイルスの恐ろしさは、慢性になった場合で症状があるのに病院に行かなかったり、気がつかないまま放置することで慢性化し、重症化する恐れがある事です。一般的に90%が急性のもので、安静にしていれば 2、3週間で治ることもありますが、まれに劇症化してしまう恐れもありますので、こうした症状があれば、速やかに病院にかかることをお勧めします

Pocket

Comments are closed.