B型肝炎とは

B型肝炎とは、ウイルス性の肝炎の一つに数えられるもので、HBVと呼ばれるB型肝炎ウイルスに身体がおかされることで発症する病のことです。通常、このB型肝炎ウイルス保有者のことはキャリアと呼ばれ、キャリアは発症に発症にかかわらずB型肝炎と診断されるわけです。現在この日本では、このタイプの肝炎キャリアは150万人程度ともいわれ、そのうち9割以上は自然治癒によって完治するとされていますが、それ以外の5%ほどのキャリアは肝炎を発症し、慢性肝炎となることが多く、やがては肝硬変や肝臓ガンなどと病状が進行していきます。

ベビーウイルス性肝炎であるB型肝炎は、細菌などよりも非常に細やかで当然肉眼では見ることはできないため、光学顕微鏡でこうした細菌を見ることになりますが、ウイルスは非常に細かいために専門の電子顕微鏡でなければ見ることはできません。このウイルスは、血液を介して感染するといわれており、感染経路として多いのが出産時の血液による感染、性行為による感染、輸血などによる感染原因が多いとされています。また、臓器移植を含む外科手術や出血を伴う施術などにより感染することも知られているのです。

さらに、近年若者の間ではやっている和彫りの入れ墨や西洋の入れ墨であるタトゥーなども、感染原因となることが懸念されており、厚生省ではこうしたタトゥーや入れ墨には、医師免許の取得を義務付けるなどの法整備も、適切に行われることになりました。

Pocket

Comments are closed.