月別: 2018年2月

現在、このB型肝炎の感染経路として挙げられるのは、ウイルス保有者から血液からの感染となりますが、現在手術や臓器移植などによって感染することはごくまれといってもよいでしょう。

これらの専門医療機関では、厳密な血液検査が行われており、院内感染で感染するはほとんどありません。また妊婦の場合でも、適切な妊婦検診を受けることによって、出産時の母子感染を防ぐことが出来るのです。最近は美容ブームに乗って、医師免許を持たないスタッフが医療行為を行うことがあります。タトゥーだけではなく、エクステや瞼の二重の施術、ピアスや歯の治療、針きゅうなどの治療行為なども感染の危険性があることを言っておきましょう。くしくもB型肝炎に感染してしまい、発症してしまった場合、当然病院へ行きますが、実はこの病気の場合、国から給付金が支給される事があります。

給付金に関する内容は、役所で知ることができますが、より詳しく知るためには専門の弁護士に相談することをお勧めします。こうしたB型肝炎の事例を多く取り扱う弁護士たちは、理解度が非常に高く、スピーディーな処理も行ってくれますので、個人で手続きを行うよりも迅速にB型肝炎給付金の手続きを行ってくれるのです。

Pocket

B型肝炎の場合、当たり前の生活をしていれば、それほど恐ろしい病気ではなく、気を付けていれば感染することもほとんどありません。しかし万が一、ご家族の中にこうした肝炎ウイルスに感染してしまった場合、速やかに専門医のもとで適切な治療を行えば、さほど怖がる病気ではないのです。

女の子B型肝炎のおもな症状として、肝臓障害特有の白目の部分や皮膚に黄疸がみられたり、発熱や食欲不振、全身に倦怠感などが現れます。血液検査などにみられる数値としては、ASTやALTなどの値が異常に高い場合や黄疸などがみられる場合で、速やかに専門医のもとで処置を施す必要があります。

このB型肝炎の場合は、急性のものと慢性のものとがあり、急性肝炎の場合は適切な治療を行うことによって、短期間で治すことができます。この肝炎ウイルスの恐ろしさは、慢性になった場合で症状があるのに病院に行かなかったり、気がつかないまま放置することで慢性化し、重症化する恐れがある事です。一般的に90%が急性のもので、安静にしていれば 2、3週間で治ることもありますが、まれに劇症化してしまう恐れもありますので、こうした症状があれば、速やかに病院にかかることをお勧めします

Pocket

ひと昔前までは、このB型肝炎ウイルスが血液以外にも粘液によっても感染すると思われており、さらには飛沫感染や肌に触れるだけでも感染すると疑われていましたが、これは全くの風説にすぎず、うわさ話の域を超えるものではなかったのです。

女性本来人間は、出産時の血液感染以外に、このウイルス性の肝炎に冒される心配はありませんが、血液感染という側面を持つために皮膚からの感染に気をつけなければなりません。特に柔らかな皮膚層のある粘膜層は、異常に傷つきやすく激しい摩擦などにより、血管が傷ついてしまう恐れがあります。特に若者の性生活においては、不特定多数の異性と性行為に及ぶことも多く、避妊具の使用を厚生省などでは推奨しています。また、性行為用の大人のおもちゃなど、その使用には十分注意するよう呼びかけを行っているのです。

最近、ファッションの一部として、芸能人などのタトゥーが格好いいとされ、若者の間で真似をする例が多いのですが、これは肝炎ウイルスだけではなく、複数のウイルスなどの病原体に侵される可能性がありますので、よほどの覚悟を決めておかねばなりません。また、タトゥーを入れたことで、公共の場で肌を露出するような場所には入れませんし、将来お子さんができ、プールや家族旅行で温泉などに行かれても、一般の方と同じ浴槽に入ることはできないということになります。

Pocket

B型肝炎とは、ウイルス性の肝炎の一つに数えられるもので、HBVと呼ばれるB型肝炎ウイルスに身体がおかされることで発症する病のことです。通常、このB型肝炎ウイルス保有者のことはキャリアと呼ばれ、キャリアは発症に発症にかかわらずB型肝炎と診断されるわけです。現在この日本では、このタイプの肝炎キャリアは150万人程度ともいわれ、そのうち9割以上は自然治癒によって完治するとされていますが、それ以外の5%ほどのキャリアは肝炎を発症し、慢性肝炎となることが多く、やがては肝硬変や肝臓ガンなどと病状が進行していきます。

ベビーウイルス性肝炎であるB型肝炎は、細菌などよりも非常に細やかで当然肉眼では見ることはできないため、光学顕微鏡でこうした細菌を見ることになりますが、ウイルスは非常に細かいために専門の電子顕微鏡でなければ見ることはできません。このウイルスは、血液を介して感染するといわれており、感染経路として多いのが出産時の血液による感染、性行為による感染、輸血などによる感染原因が多いとされています。また、臓器移植を含む外科手術や出血を伴う施術などにより感染することも知られているのです。

さらに、近年若者の間ではやっている和彫りの入れ墨や西洋の入れ墨であるタトゥーなども、感染原因となることが懸念されており、厚生省ではこうしたタトゥーや入れ墨には、医師免許の取得を義務付けるなどの法整備も、適切に行われることになりました。

Pocket